アクセスカウンタ

めぐり逢えたら

プロフィール

ブログ名
めぐり逢えたら
ブログ紹介
日々めぐり逢ったすてきなモノたちについて書いていきます。
zoom RSS

アロマオイル(1)

2018/06/21 04:23

アロマオイル、好きな人は多いと思います。ケミカルではなく、天然の香りというところが何より使っていて気持ちがいいです。

近いうちに、虫の多そうなところに行くので、虫除けを持っていこうと思いました。薬局でいろいろ見ていましたが、聞いたこともないカタカナの成分が数えられないほど書かれている。切れ目がどこかもよくわからない。

ふと、ネットで検索したら、アロマオイルを使った手作りの虫除けスプレーの作り方が載っていたので、作りました^ ^

オイルは、レモングラスとシトロネラ。
柑橘系に虫が嫌う成分が入っているようです。

あとは、
精製水 45cc
無水エタノール 5cc
スプレー容器 50cc程度入るもの

エタノールとオイルを10滴混ぜる
精製水を加える
ボトルに入れる
完成!

柑橘系の爽やかな香り。
本当に効果あるのかな?
着け過ぎると人も寄ってこなくなりそう…。




ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


絵本「ぐりとぐら」

2018/06/19 20:04

誰しもが一回は読んだことがあると思われる日本を代表すると言っても過言ではないと思う絵本^ ^

このシリーズ、うみぼうずのお話以外、必ずみんなで何かを食べる場面があります。それは、楽しく食事をすることがどれだけ人のこころに滋養を与えてくれるかということを思い出させてくれる展開です。

子どもの頃は気づかなかったけれど、大人になってシリーズを読み返した時、はっとそのことに気づきました。

大人でも気づきのある絵本。
そういうものが親から子に読み聞かされて、受け継がれていくのかなって思います。



ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


物語「アルケミスト」

2018/06/18 18:43

子どもの頃、直感が冴えていた人は多いと思います。

これだけ科学やテクノロジーが進んだ今もスピリチュアルなものが廃れないのは、子どもの頃のその感覚を覚えていて、単に非科学的と切り捨てられないからじゃないかな、と思います。
ただ、スピリチュアルだけでは生きていけないし、何となく子どもっぽいかなと思ったり、法則を示せないから怪しまれたり…という心配がちらりちらりとこころをよぎるからではないかしらん。
そんなこんなで、直感力が失われていき、「あれ?以前はうまくいったのに」なんてことが頻発してくる。

「アルケミスト」(パウロ・コエーリョ)は、そんな直感を信じることをためらってしまう時に読むと、「そうよね!やっぱり直感て、頼もしい!」って、また直感を大切にしてみようって思えます。

感動すら覚えます。なんだかわくわくしてきます^ ^

自分の感性を信じて元気になりたいときにおすすめです^ ^



ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


言葉(1)

2018/06/17 22:52

過去の作家や偉人の言葉に出会うと嬉しくなります。

今日、あ、と思った言葉は、

「もはや状況を変えられないとき、私たちは自分自身を変えられるかどうかを求められる」
ービクトール・フランク

聖書の言葉だったかどうか、有名なものに、
「変えられないものを受け入れる勇気を、変えられるものを変える勇気を、その二つを見極める賢さを」というものもありますね ^ ^

「もし人々が罰を恐れ、報酬が欲しいというただそれだけの理由で善良だとしたら、我々は実に哀れな集団である」
ーアルベルト・アインシュタイン

いつも自発的でありたいなぁ。



ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


このブログ

2018/06/16 23:13

毎日書こうと思って始めたのに、早速、1週間近く開いてしまいました。

なぜ、「好きなもの・人・こと」について書こうと思ったかを書こうと思います。

それは、そういうものについて書いていると幸せを感じられるから。それと、好きなものが多いって、自分への自信にも繋がるから。

好きなもの・人・ことには、必ず支えられています。
社会に出て、年齢も重ねていくと、段々、全面的に人に頼ることはできなくなるし、人に頼られることに応える場面も増えてきます。

そんなちょっとつかれた時の、元気をもらいたい時の、「好きなもの・人・こと」です。
もちろん、大人になると人に甘えることも上手くなったりします。「しっかりしなくちゃ」「自分で頑張らなくちゃ」っていう力みが抜けて、少しずつ広く大勢の人に甘えられるようになります。甘えって言葉は、敢えてそう表現しましたけど、支えてもらうってことです。

いろんな自己啓発本や心理の本が売れていますが、みんなきっとわかっているはず。人から大切にされていれば、人の中で心配を感じずに生きていられるなら、それらは必要ないんだって。
だから、どうしたら人に大切にされていると感じられるか、愛されているって感じられるかっていうことだと思うんです。

「〜されている」ではなく「と感じられるか」と続けるのは、それが自分のこころ次第で変わるからです。

子どもの頃の呑気な自分。
いろんな経験をして、どんなに考え方や視点を変えても、人に不満を持ってしまったり、信じられなくなったりして、自分でどうにかしなければならない時は出てきます。

そこで、「好きなもの・人・こと」を想うのです。

同じようなことを感じている人がもしもいて、つかれたなぁって思っていたら、どんなに小さなことでもいいから書いてみてください。

「好きなもの・人・こと」

段々と力が湧いてきて、よしって思えると思います^ ^




ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


映画「グレート・ブルー」

2018/06/10 22:34

最初に日本で公開された時、恋愛映画として宣伝されたものの、内容と全くそぐわなくて、観客が入らず、2週間で打ち切りになったそうです。

当初公開されたのは、英語版。
その後、ディレクターズカット版として、再度フランス語で公開(タイトルは「グラン・ブルー」)され、大ヒット。
ジャン・レノや監督のリュック・ベッソンが一気に有名になったのは、ご存知の通りだと思います。

この英語版が大好きで。
主人公の抱えている孤独が、海の青さとともにすうっとこころに入ってくる切ない感じ。
まだ「孤独」なんて意識していない頃に観ましたが、その意味するところを教えてもらいました。

当時、ジョアンナ・アークエットに興味を持って、出演作をTSUTAYAであれこれ探していて、たまたま見つけました。
こんなにすごい作品があるんだ!って宝物を掘り当てたような気持ちでした。

ディレクターズカット版は、劇場で観ましたが、編集が違うとこうも話の内容が変わるんだ、と二度目のびっくり。
こちらは正に恋愛映画のようになっていました。

好みが分かれるかもしれませんが、友情と孤独に焦点を当てた英語版がお薦めです。
映像も美しい(それは、ディレクターズカット版も)ので、音無で映像だけ映しても素敵です。



ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


香水

2018/06/10 00:20

香水、大好きです。

自分が楽しむだけで充分なので、耳の裏に、自分に届く程度、少しつけるだけです。

香りが長く続くので、オードパルファンを使います。

調香に興味を持ち、調香師の資格を調べたことがあるのですが、本格的に学ぶなら、化学の知識が必要だったので、アロマオイルを使ったノンケミカルの講座を受けました。

ケミカルほど長く香りが保たないのですが、トップ、ミドル、ラストにノートを分けて考えるのは同じで、自分の好みやその時の体調に合わせて香りを組合わせられ、たった一つの香りを創る楽しさを感じました。

まとまった時間が取れるようになったら、本格的にアロマオイルで創る講座で学びたいです。


ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


マック

2018/06/08 22:03

マックが好きです。
パソコンのマックも好きですが、いま書いているのは、ハンバーガーショップのマクドナルドのことです。

カフェとして利用しています。
もちろんドトールも、スターバックスも、エクセシオールも、アンティコも、ワイヤードも好きです。
でも、何か話題が欲しい時は、マックが一番です。

安いのにおいしいコーヒーといつまでいてもいいんだ感のある店の雰囲気。
そして、何よりみんなが楽しそうにあれこれと話をしています。

高校生、小さい子どもを連れた家族、近所の仲良しなおばさま方、セールスの人、英会話を習っている人様々で、話している内容も様々。

何か楽しそうな話が聴けそうな人たちの隣に座ってしまいます。
タガログ語のフィリピン人も楽しそうですが、如何せんタガログ語はわかりません。

先日は、高校生が「ガリガリ君とハーゲンダッツでは、どちらのコスパがいいか」を真面目な顔で議論していました。なんだかいかにも高校生男子って感じがよくて。
一瞬、高級感がそれ程高くない値段で味わえる、という意見に流れが行きかけましたが、最終的に軍配はガリガリ君に上がりました。

時々、思い出したらマック四方山話として掲載したいと思います。




ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


コンビニのインド人店員さん

2018/06/07 23:09

時々行く7elevenの店員さんにインド人の女性がいます。
見た目から、インド人と判断しているだけですが、学生さんくらいの若い人です。

目がくりっとしていて賢そう。
なぜか、その人に会計が当たることが多く、多分、その人も私の顔を覚えているんじゃないかなぁ、なんて思っています。

なんとなくですが、「どうぞ〜」と言われて、レジに行くと、にっこり親しみのこもった目で笑っているような気がします。マックのようにスマイル0円を実施して訳ではなければ、ですが。

そして、なぜか、その人だと、計算が違ったりとか、こちらがお釣りがないのに、お釣りを待ったりしていたりとか、カフェオレの機械が壊れてピー!!!となり続けたり(過去2回)とか、色々ハプニングがあるのですが、その人は、すこーし微笑みながら、さくさくと対応していて、とても感じがいいのです。

学業ビザと就労ビザ、両方取っているのかな、とか、日本に留学するくらいなら、そこそこ裕福だろうに、なんでバイトをしているのかな、慣れない国で偉いね、見習わなくちゃ、とか想像を巡らせてしまいます。

そして、今日も寄ったこのお店。
あのインド人の学生さんいるかな、と思いながら自動ドアに立つのでした。

ユーモアと肩を組もう
記事へトラックバック / コメント


映画「細雪」

2018/06/06 20:50
何度見ても新しい発見のある映画です。

初めて見た時は、日本文化の美しさに気づかされました。
2回目は、末っ子の力強い奔放さに惹かれました。
3回目は、二組の夫婦の関係の深さに、独身だった私は不思議な感覚を覚えました。
4回目は、不可解だった三女の性格に、自分との共通項を発見し、次女の旦那さんの涙に切なさを感じました。

何度観たかわかりません。
何度観ても美しさと新しさを発見できる、名作になった映画です。

現代風に変曲されたオンブラマイフの旋律にも気持ちが動きます。

こんなに何度も楽しませてくれる作品はそうそうないと思います。

ユーモアと肩を組もう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


修正テープ

2018/06/05 23:53
文房具、大好きです。
丸善や伊東屋を眺めているだけでも、胸が躍ります。
なぜでしょうね〜。文房具好きな人は、割と多い気がします。

さて、修正テープって、曲がって文字が残るし、ごろごろして修正した後、文字がうまく書けない...。

と思っていて、修正液派でした。

でも、最近、力を入れなくても、すっときれいにラインが引ける修正テープを見つけ、以来、家でも会社でも愛用しています。小さいので、細いペンケースでもしっかり収まりますし、さらりと引けるので、ごろごろとした塊ができず、自然な字が書けます^ ^

Tombow MONO AIR

ストレスフリーな修正テープです^ ^


ユーモアと肩を組む
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オリジナルの名刺

2018/06/04 22:22
最近、趣味の場で、人と知り合う機会が増えました。

大抵の人は、会社の名刺を交換しているのですが、営業職ではない私は、仕事以外の場で会社の名刺を出すことに抵抗があり、個人の名刺を作ることにしました。

和紙で、明朝体で、縦書きがいいなぁ、なんて思い描きながらネットで検索。

山櫻という業務用の封筒で知られたメーカーさんが、TSUTAFU(ツタウ)というサイトで半オーダーメイドの名刺作成サービスを提供しているのを見つけました。

最初希望していた和紙は、たくさん配る目的で作る、名刺そもそもの目的を阻害しそうなお値段で、断念…。

他にすてきな手触りが感じられる紙があったので、それを選んで、サンプルデータを編集。
フォントを選んで、サイズやレイアウトをあれやこれやと試してみて。

郵送されてきた名刺は、思った通りの手触り質感で、心踊りました。

実際に交換してみたら、「そうだよねー、会社の名刺でなくていいんだよね」と言ってくださる方も。

自分だけの名刺。嬉しいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初投稿とのど飴

2018/06/03 22:32
些細なものから大きなものまで、いいな、すてきだな、と思ったものについて書いていきたいと思います。

初投稿、何を書こうかなと思いましたが、目の前にあるのど飴を。

カンロの「ボイスケアのど飴」です。

国立音楽大学声楽科との共同開発で、プロポリスが入っています。
プロポリス飴は、とても喉に効きますが、独特の味がして、それだけだと少し食べづらいですが、こちらは他にもハーブが入っていて、プロポリスの味は残りつつ、ずっとおいしい、むしろなんだかクセになる感じで、喉が痛くもないのに、食べてしまいます。

最近、小包装になってしまい、ファスナー式の食べやすいものが好きだったので残念ですが、味は変わりありません^ ^

薬局で購入できます。
あと、ファスナー式のミニパックは、時々セブンイレブンで見かけます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

めぐり逢えたら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる